多摩から世界へ

徒然なるままに、多摩より世界へ情報発信をしていきます

Category: 水

自治体別水道料金ベスト10とワースト10の違いを考察してみる

Pocket

GW最終日も水ネタです。前回の記事『昭島市の水道水が、東京都で唯一の地下水100%である秘密』で、昭島市の水は全国で5番目に安い、と書きました。ということで、ここまでくれば水道料金のベスト10とワースト10も知りたくなるというもの。それを示していただいているのが、下図となります。それについて、考察してみます。

water cost

水道料金の安い自治体の特徴

これはなんといっても『地下水が豊富であること』でしょう。前記事でも書きましたが、地下水はそもそもが自然濾過により水質が良い場合が多いので、浄水代が安くすみます。それに加え、川から取水する必要がないため、その分のコストも削減できます。

安い自治体TOP10を見ていると、多くは静岡と山梨が目につきます。これは明らかに富士山系の湧水を利用している自治体ですね。どこも湧水が豊富な地域です。昭島市は前記事で紹介した通り。ちょいと兵庫と三重の地理感覚はわかりませんが、おそらく昭島と同様な仕組みで湧水が豊富なのでしょう。

水道料金の高い自治体の特徴

いやーこの違いはすごいですね。水道料金の一番高い群馬県長野原町は一番安い山梨県富士河口湖町と比べて10倍も高いですね笑 これは風呂代もばかになりませんね。

水道料金の高い自治体の特徴は『水源が少ない、または水質が悪いこと』と『人口が少ないこと』です。

水源が少なければ、原理的に水の料金は高くなります。特に町が高台にある場合は水源から取水したあと、それをポンプなどで上げなければなりませんよね。そして水質が悪ければ、浄化代にかなりのコストがかかります。

また、水道料金の高い自治体のほとんどが「町」です。これは人口が少ないことを意味しており、人口が少なければ少ないだけ、水道管の維持費や水道にまつわる設備投資などにかかる1人あたりのコストが割高になります。

自治体により、水事情は様々

日本は水が豊富なイメージが多いですが、自治体によって水道料金は10倍近くも差があります。「豊富」というのは、とりあえず蛇口をひねれば水がでるという、インフラまわりのことを言っているのであり、その実は水格差というのが存在しています。横浜なんて水が乏しかったため、相模川から取水を開始する1800年代までは、人口数百人の寒村でしたしね。

さて、あなたの住んでいる自治体の水事情はどうでしょうか?湧水がある土地ですか?それとも異様に水道料金が高い自治体ですか?普段あまり考えない水道料金、実は考えてみると奥が深いんです。

水の基礎知識、知ってるとおもろいですよ。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Pocket

昭島市の水道水が、東京都で唯一の地下水100%である秘密

Pocket

akishima

GW最終週末ですね。今年のGW、満喫できましたか??私はというと、絶賛水にはまっておりまして、湖や鍾乳洞、川など水にまつわる場所に行きまくっとりました。暑かったですしね。

というわけで、今回もまた水ネタです。多摩では有名な話ですが、東京都の中で唯一、水道水を100%地下水でまかなっている自治体があるんです。それが多摩中央に位置する「昭島市」です。

地下水100%は東京都では昭島市のみ

東京都の水源は主に多摩川水系と利根川水系です。それらを取水したうえで浄水場で浄化し、各家庭へ配水をしています。そのため、下流域にいけばいくほど水がまずくなります。まぁあたりまえですよね。何を隠そう昭島育ちの私は23区の水はまずくて飲めたものじゃありません。

一方、昭島市の水は100%地下水です。高度は60~70あたり。谷川水系と同じくらいの硬度ですね。つまり、蛇口をひねればミネラルウォーターが出てくるわけです。シャワーの水もミネラルウォーター。いや~すんばらしい。贅沢ですね。

なんと水道料金が全国で5番目に安い

地下水ということは、そもそも川から取水しなくて良いわけです。そして、地下水は土壌がフィルターとなり水が濾過されているので、そもそも綺麗なわけです。つまり、最低限の消毒さえすればもう飲めてしまうんですね。何が言いたいかというと、地下水は手間がかからないんです。ということは、水道代が安いわけです。

なんと昭島市の水道料金は全国で5番目に安いんです!!

ちなみに、TOP5のうち、3つが静岡と山梨の自治体です。これは、あきらかに富士山の恩恵ですね。昭島は富士山の恩恵を受けずとも、5位入賞。いや~すんばらしぃですね。

なぜ昭島は地下水が豊富なのか

昭島は国分寺崖線の延長上にあり、市の北部と南部で標高差がかなりあります。これはれっきとした多摩川の河岸段丘です。河岸段丘があるところは湧き水が豊富なんです。河岸段丘=標高差がある、そしてその標高差の断層に水脈があれば、それが湧水となるわけですね。そのため、昭島市はいたるところで湧水が湧いています。

昭島では約地下70mほどの砂利層に豊富な水脈がはしっています。地下深層水ですね。その地下深層水から取水し、各家庭へ配水されている水こそ、昭島の地下水の秘密です。

河岸段丘と水脈、また取水しやすい砂利層、この3つの要素がからまって昭島の地下水が形成されています。昭島の水を味わってしまったら、他の市の水道の水のまずさに気づくはずです。

以前の水記事『自分に合う硬度を知ることは、飲む水を選ぶ基準となる』にも書きましたが、私がなんで硬度70mgくらいの水が好みかというと、おそらく昭島の水の硬度がそれに等しいからなんじゃないかなとこの記事を書きながら思いました。

昭島の水は地下水100%で安い、これは多摩の誇りです。

湧水マニアはこちらおすすめです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 

Pocket

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、硬水編(硬度120~)

Pocket

mizu

硬度別ミネラルウォーターのご紹介。最後は硬水編です。硬水になると、日本の水はめっきり減っていきます。また、それ単体では非常に飲みにくいので、炭酸ガス入りのものが多くなります。さぁ、いきましょう。

<シリーズ記事>

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、超軟水編(硬度0~50)

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、軟水編(硬度51~119)

硬水(硬度120mg~)
  • きりしまの名水 始元水(硬度171)
  • 沖縄山泉活水 やんばるの泉(硬度210)
  • ソラン・デ・カブラス(硬度253)
  • エビアン(硬度304)
  • ヴィッテル(硬度307)
  • ペリエ(硬度400)
  • サンペレグリノ(硬度674)
  • 球美の水(硬度1000)
  • ゲロルシュタイナー(硬度1310)
  • コントレックス(硬度1468)
  • ドナウォーター(硬度5196)

さて、どうだったでしょうか?日本の硬水は最大硬度1000でしたね。意外にも沖縄でした。その他は圧倒的海外勢ですね。ソラン・デ・カブラスはレアルマドリードの公式水としても有名ですね。そして、驚くべきはドナウウォーター!その硬度はなんと5000越!笑

気になる方はぜひ、一度試してみてください。明日から、自分にあった水で良い水生活を送りましょう。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Pocket

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、軟水編(硬度51~119)

Pocket

mizu

続いて、硬水に近い軟水シリーズです。硬水に近づくにつれ、日本のミネラルウォーター銘柄は少しずつ減っていきます。個人的には硬度70あたりが一番好みです。

<シリーズ記事>

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、超軟水編(硬度0~50)

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、硬水編(硬度120~)

軟水(硬度51mg~119mg)
  • キリンアルカリイオンの水(硬度59)
  • ボルヴィック(硬度62)
  • 谷川岳の天然温泉水シリカ(硬度70)
  • 阿蘇の天然水(硬度80)
  • 龍泉洞の水(硬度97)
  • 秩父源流水(硬度99)

 

  • フィジーウォーター(硬度105)

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Pocket

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、超軟水編(硬度0~50)

Pocket

mizu

前回の記事に引き続き、水ネタです。自分でもこういうのがあったらいいなと思い、独断と偏見による硬度別のミネラルウォーターをご紹介します。ミネラルウォーター選びに迷ったらぜひ、参考にしてみてください。まずは軟水編です。

前回記事→自分に合う硬度を知ることは、飲む水を選ぶ基準となる

<シリーズ記事>

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、軟水編(硬度51~119)

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、硬水編(硬度120~)

軟水(硬度0mg~50mg)

まずは軟水の中でも超軟水といわれるものから。硬度ほぼ0はすごいですね。飲んだことないかも。

  • 白神山地の水(硬度0.2)
  • ハワイウォーター(硬度1.05)
  • 長久手のおいしい水(硬度7.9)
  • 屋久島縄文水(硬度12)
  • jeema(硬度16)

 

  • 尾瀬の湧き水(硬度24.6)
  • 南アルプスの天然水(硬度30)
  • クリスタルカイザー(硬度38)
  • 高野山大師の水(硬度40)
  • カブレイロア(硬度50)

さて、みなさんはどれだけ飲んだことがありますか??実は水ってめちゃくちゃいろんな銘柄があるんです。海外の水もたまに飲んでみると面白いですよ。クリスタルカイザーなんかは日本でもメジャーですが、メジャーじゃない水の方が圧倒的に多いですからね。

次は硬度50~からご紹介します。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Pocket

自分に合う硬度を知ることは、飲む水を選ぶ基準となる

Pocket

kodo

GWに突入しましたね!海外、国内旅行に行く方、温泉にでもいってゆっくりされる方、様々な過ごし方があるかと思いますが、私はのっけから水のことを書きたいと思います笑

さて、ご存知の通り人間の体はほぼ水でできています。成人でいうと約60%ですね。つまり、「水を飲む」ということは人間の体にとって非常に重要なことなんです。

そこで質問、普段あなたはどの水を飲んでますか?質問の角度を変えると、あなたが水を選ぶ基準はなんでしょうか??ワインやビールは選ぶ基準があるのに水を選ぶ基準をもってない方は、まずは「硬度」を基準にしてみてください。

硬度って何?

硬度、軟水、硬水。どれもよく聞く単語だけど、正しく理解できてる人は少ないんじゃないでしょうか?

硬度とは、水1,000mlあたり、どれくらいマグネシウムとカルシウムが溶け込んでいるかを表すものです。各国によって基準は異なりますが、WHOの基準を借りるとすると、その硬度が120mg以上が硬水、それ未満が軟水と定義されています。

日本とヨーロッパの水の違い

ざっくりいうと、日本は軟水でヨーロッパは硬水です。硬度の違いは主にどんな土壌を水が通過してきたか、またその長さはどれくらいかによってかわってきます。ミネラル分が多い土壌を長い時間かけて通過した水は硬度が高くなり、そうでなければ硬度は低くなります。

ヨーロッパの食事はミネラル分が少ない食事が多いので、硬水でミネラル分を補給しているんです。日本でもコントレックスとかはやりましたよね。あれも硬水です。硬度は約1500mgです。

一方、先述した通り、日本のミネラルウォーターはほとんどが軟水です。富士山系の水はだいたい硬度が約30mgです。

まずは自分に合っている硬度をみつけよう

自分に合っている硬度の水を探すには、まずいろんな銘柄を飲みまくるしかありません!笑 ちなみに、長年様々な銘柄のミネラルウォーター飲んだ結果、私に一番合っている硬度は約70mgです。やや硬水よりの軟水ですね。軟水ほどトロトロしてなく、かといって硬水ほどのみずらくない。いわば、かなりすっきりした感じがするのが、硬度70mgあたりです。

しかし、硬度70mgの水ってそんなにないんですよねー。利根川系の水が硬度70mgですが、日本でメジャーないろはすや南アルプスの天然水なんかもほぼ硬度30mgなんです。

だれか、お手軽に買えるな硬度70mgの日本銘柄があったらおせーてください。みなかみの水がベストです。どんな硬度の水があるか知りたい方は、シリーズ記事もどうぞ。

<シリーズ記事>

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、超軟水編(硬度0~50)

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、軟水編(硬度51~119)

軟水から硬水まで!硬度別ミネラルウォーター一覧、硬水編(硬度120~)
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Pocket