Pocket

food2

星野リゾート リゾナーレ小浜島宿泊記、いよいよ食事編です。小浜島には食べるところがほとんど無いため、必然的に宿泊客のほとんどはリゾナーレ内で食事をとることになります。ここリゾナーレ小浜島では「ディープブルー」というイタリアコース料理か「クラブハウスレストラン」でのビュッフェタイプの料理が選べます。沖縄に来てイタリアンもあれなので、今回はクラブハウスレストランでのビュッフェを選択しました。いざ、夕食!!

<関連記事>

ラウンジはないが日本一新しい空港、南の島石垣空港レビュー

【部屋編】星野リゾート リゾナーレ小浜島宿泊記

【施設編】星野リゾート リゾナーレ小浜島宿泊記

クラブハウスレストランは早めの予約を

ビュッフェ会場はここ、クラブハウスです。やはりイタリアンのディープブルーより人気のせいか、予約もかなり遅い時間までいっぱいでした。なので、もし利用の機会がある方は可能ながきり早めの予約をおすすめします。

food1

沖縄料理が半数をしめる

やはり、沖縄にきたら沖縄の食事をとりたいですよね。ここクラブハウスは沖縄の食材が満載です。しかもかなり広々としていて、100人くらいは入るんじゃないでしょうか。

八重山そば。プレートの横にシーサーの置物がある食べ物が沖縄食材のサインだそうです。粋な演出ですね。ソーキも別皿にあるので、ソーキソバにもできます。

food12

タコライスもござれ。特別感が無かったので食べませんでしたが。

food5

ミヌダルは琉球時代の宮廷料理だそうです。アグー豚の胡麻和えといったところでしょうか。

food4

海人サラダ。ウコンドレッシングがなかなかの美味でした。

food8

実演系も充実。外でBBQしたものを随時中に運んでくれます。

food9

こちらも実演系。奥では天婦羅を作ってくれます。そういやゴーヤの天婦羅って初めて食べたな。手前が沖縄のおかし「黒糖ポーポー」ですね。沖縄版クレープみたいなもんです。

food6

もずくとゴーヤ、そして紅芋の天婦羅。ゴーヤの天婦羅はゴーヤの主張が激しく、天婦羅をつきぬけていました。

food14

黒糖ポーポー。ポーポーとは包むという意味だそうです。

food15

アーサーも忘れてはなりません。本州だと高いですからねー。がっつり取って食べました。

food13

まさかこの時期にスイカが食べられるとは!しかも旬の味でした。

food7

さんぴん茶はもはや定番ですよね。

food10

これはうれしい、ブルーシールが食べ放題!

なんだかんだでアイス好きの自分がたまらなく嬉しかったのは、なんとなんとブルーシールの食べ放題!これ、すごくないですか??もちろん全種類食べました。バニラ味なんで、ブルーシール食べ放題じゃなきゃわざわざ注文しないですからね。

food17

お好きなトッピングを、とありますがアイスマニアは何もかけません。デフォルトの味を楽しみましょう。

food16

レパートリーは日替わり

ここクラブハウスビュッフェでは、食材が1日毎に変わります。というのも、2泊していくお客さんが一番多いらしく、飽きがこないために日替わりにしているみたいです。いや~そういう心使いはうれしいですよね。事実、二日目はがらっと変わっていました。定番メニューは変わりませんが、メインメニューがかなりの入れ替えがありましたよ。もちろん、ブルーシールはがっつりスタメン入りしてますが。

しかし、全体的に料理が美味しいです。いうなれば、大満足です。お目当ての沖縄料理もかなりの数食べられました。ちなみに、朝食ビュッフェも同じクラブハウスで食べれます。いやー、大満足でした。小浜島を検討している方は是非参考にしてみてください。

<関連記事>

ラウンジはないが日本一新しい空港、南の島石垣空港レビュー

【部屋編】星野リゾート リゾナーレ小浜島宿泊記

【施設編】星野リゾート リゾナーレ小浜島宿泊記
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Pocket